保険料の全期前納について調べてみた

保険料の支払い方法の一つ、全期前納
その特徴やメリット・デメリット、一時払いとの違いなどを調べてみました。

保険料の全期前納ってどういうこと?一時払いとはどう違う?

保険料の全期前納の特徴
保険料の全期前納とは、保険料の総額を保険会社に預ける形で保険料を支払う方法です。
特徴的なのは、預けたお金の中から支払が進んでいく点です。毎月や毎年の支払期日に預けているお金の中から保険料に充当されていきます

一時払いの場合は、一気に支払ってしまうので、全期前納の預けている状態とは違います。

もし保険期間中に死亡などがあれば、一時払いの場合は保険金が支払われるだけですが、全期前納だと残っている預けていたお金が返ってきます

また、毎年支払いをしていることになっているので、所得税や住民税の生命保険料控除も全期前納なら毎年受けられます。一時払いの場合は、支払った年だけしか受けられません。

このように書くと全期前納の良いところが目立ちますが、支払う保険料総額で見れば一時払いの方が少なくなります

全期前納のメリット

毎年、生命保険料控除の枠が使える

全期前納の最大のメリットは、毎年支払う形になっているため、生命保険料控除が毎年使えることでしょう。
仮に1万円の生命保険料控除があれば、数千円の節税になります(所得に応じて税率が変わります)。
今後も所得税や住民税を支払う見込みがあるなら、一時払いより全期前納の方が得になる可能性が大です。

解約や死亡時には残った保険料が返ってくる

預けているだけなので、以降の保険がなくなれば残った保険料は返ってきます。
もし契約直後に亡くなったら、一時払いと比較して、かなり大きな違いになります。

月払いや年払いより保険料が安くなる

まとめて支払っているので当然と言えば当然です。
一時払いよりは高くても、年払いよりは安いのです。

全期前納のデメリット

手元のお金がなくなる

まとめてお金が出ていくので、手元のお金が十分にないならやめておいた方がいい手段です。
手元の現金はイザというときにやはり頼りになります。

一時払いよりは保険料が高い

一時払いの様々なデメリットを考慮すれば、それほどのデメリットでもありませんが、高いのは間違いないので書いておきます。

全期前納がオススメなのはこんな人

全期前納を使うのがオススメの人は、まとまった現金があり、なおかつ今後数十年は税金がかかるだけの収入がある人です。
40代や50代のサラリーマンが60歳で解約するつもりの終身保険などで使うと資金効率は一番いいかもしれません。

所得税率が高ければ高いほど、全期前納の毎年の生命保険料控除の効果を感じられるでしょう。

保険料控除も制度が変わりやすいものだと思いますので、信頼できるFPなどの専門家とよく相談して決めるべきです。

保険選びでは保険ショップを有効活用しましょう。