リビング・ニーズ特約について調べてみた

死亡保険の特約として付加できるリビング・ニーズ特約。どういうときに利用できるのか、どんな風に役立つのか調べてみました。

リビング・ニーズ特約とは?

リビング・ニーズ特約の特徴
リビング・ニーズ特約は、医師から余命6ヶ月の宣告を受けた場合に、生前に死亡保険金の一部を受け取れるものです。

この特約は無料で付けられるので、死亡保険に加入する人はほとんど付けているでしょう。記憶にない方は保険証券を確認してみてください。

受け取れる保険金は3000万円が上限となり、死亡保険金がすべて受け取れるわけではないので要注意です。

また、リビング・ニーズ特約で給付を受けて残った分の死亡保険金に対しては保険料を払い続けなければいけないのも忘れがちなポイント。給付を受けた分、もちろん保険料も安くなります。

リビング・ニーズ特約の使い道

死ぬ前に好きなことをしたいという使い道もありますが、現実的な問題として医療費や介護費として使う人も多いでしょう。

最新の治療法を試すための資金にもなるのです。
ホスピスなどに入るための費用としても使えます。

また、葬儀代として生前にお金を残しておく方法もあります。亡くなってすぐに保険金がもらえるわけではないので、有効な使い方だと思います。

様々な用途に好きに使えるお金です。自由に使って悔いのない最期を迎える手助けになることでしょう。

余命宣告を本人に知らせていない場合でも代理請求ができる

余命宣告を本人に告知するかどうかは判断が分かれるところです。余命6ヶ月の時点ではまだ本人に伝えないという選択も十分ありえます。

その場合でも指定代理請求人の家族がリビング・ニーズ特約を申し込むことができます。
医療費や生活費などで家族も生前にお金が必要になります。生活の心配をせず、できる限り一緒にいたいという家族には嬉しいお金です。

注意したいのは、リビング・ニーズ特約を利用すると、毎月の保険料の額が変更になる点です。残りの保険金がなくなれば、保険料の支払い自体がなくなります。

本人が銀行記帳やクレジット明細でそれを知ってしまうと、余命宣告を受けていることに気づいてしまうかもしれません。

通帳の管理や万一のことを考慮して、告知を行うかどうかに遡って判断をしてもいいでしょう。

代理請求は慎重に、と覚えておきましょう。

リビング・ニーズ特約にかかる税金

リビング・ニーズ特約で給付された保険金は非課税となっています。ただし、その保険金を使い切らずに死後も残っていると相続税がかかってきます。

残ることを考えるとリビング・ニーズ特約では必要な分だけ請求するのがいいかもしれません。

しかし、一度リビング・ニーズ特約を使うと、二回目はできないことも知っておきましょう。何度も請求することはできないのです。

過不足なく請求するのがベストですが、足りないよりは余るぐらいの額を請求する方がいいでしょう。

リビング・ニーズ特約を利用したら遺族への死亡保険金が減ることを考慮しておこう

リビング・ニーズ特約で請求した分、死亡保険金は減ります

当初、亡くなったあとの必要金額として設定していた保険金よりも少なくなるため、遺族はその点も考慮しておきましょう。

もしリビング・ニーズ特約で世界一周なんかをしてしまうと、遺された家族が大変です。

使えるからといって無計画に利用するのも考え物です。

保険選びでは保険ショップを有効活用しましょう。